作業員

住宅を守りたいなら|平板載荷試験で安心を買おう

いろいろな方法がある

男性

地盤調査はいろいろな手段があり、中には工事をしなければならない可能性があるケースがあります。また、多額の資金が必要ですので、注意して業者に依頼するといいでしょう。

Read More..

リスクが有る

メンズ

温泉を掘り当てたいと思っているなら、専門業者に依頼するといいでしょう。しかし、それなりの資金や時間が必要になるので計画的に行うと温泉を見つけることができるかもしれません。

Read More..

欠かせないこと

工事現場

宅地の場合の地盤調査

住宅地用の土地の地盤調査は主に、1976年にJIS規格に制定されたスウェーデン式サウンディング試験で行われています。スウェーデン式サウンディング試験とはSSまたはSWSとも呼ばれ円錐形のスクリューポイントを取り付けた鉄の棒に5キロから100キロまでのおもりを段階的に足し、鉄の棒に掛かった荷重と刺さった深さの関係と、100キロの荷重に達した後それ以上の荷重はかけず鉄棒を回転させた時、回転数と刺さった深さの関係性を見る試験です。この試験を宅地1件の予定地に対して基本4から5か所に行う事が地盤調査になります。

注文住宅の場合は外注も選択肢に

この地盤調査や改良は専門知識がないと理解が難しい為、言われるままに改善するしかないのが現状です。これから建てようという今後の人生を過ごすマイホーム。全ての大元となる土地の地盤は安心できるものでありたいと思うのは当たり前の事です。もし不安を感じる場合は、言われるまま改善を行うのではなく地盤調査そのものを事前調査を行い自身が信頼できる会社に外注するというのも有効な方法です。もちろん、住宅会社から委託される地盤調査会社は経験も知識も豊富で安定した技術力を誇っていますので、住宅会社に地盤調査会社の実績を説明してもらうのもとても有効です。どちらにおいても大切なのは専門的な知識ではありますが、少しでも理解しようとする努力です。それが説明を求めるばかりではなく歩み寄る事に繋がり良い家が作られていくのです。

スムーズにする

平板載荷試験は、自宅やビルなどを建てる前に必要なことですので、実績のある業者に依頼するといいでしょう。また、依頼の仕方はたくさんありますが、電話で話した方がうまく相手に伝わり、スムーズです。また、フリーダイアルが可能なところもあるので、そちらを利用すると、費用をかけずに平板載荷試験を行うことができるようになるでしょう。

安全に利用するために

温泉

日本の象徴ともいえる温泉は自宅の近くにある可能性があり、開発を夢見ている方も多くいることでしょう。しかし、開発をするにはいろいろなリスクがあるので専門業者に依頼するべきです。

Read More..